無料翻訳ツールpoedit

プログラムのテキスト翻訳

プログラムのメッセージや表示画面等のテキストは、poファイルで提供されていることがあります。 このような場合、poeditを利用すると良いでしょう。

poeditとは

poeditとは、プログラムのローカライゼーションのための無料翻訳ツールです。 画面表示やエラーメッセージ等は、利用者の言語で表記されるほうが便利ですね。 このようなプログラムで使われるテキストの翻訳に重宝するのがpoeditです。

日本のプログラマーはメッセージ等を日本語で書くことが多いかもしれませんが、世界全体で見ると、日本語で書くケースは少ないでしょう。日本発のプログラム言語Rubyでも、最近では英語ドキュメントが増えています。

poeditのインストール

公式サイトPoeditでダウンロードして、解凍します。 ご自分の環境に合ったものをダウンロードしてください。

Windows

Windows2000以降対応です。poedit-xxx-setup.exeをダウンロードした後、ダブルクリックします。(xxxはバージョンを示す数字)

Linux

ディストリビューションによっては、バイナリファイルが用意されています。 例えばUbuntuの場合、apt-getコマンドでダウンロード&インストールすることができます。

apt-get install poedit

ソースからインストールする場合は、poedit-xxx-setup.tar.gzをダウンロードし、コマンドラインで以下のように入力します。(xxxはバージョンを示す数字)

gzip -d poedit-xxx.tar.gz
tar -xvf poedit-xxx.tar
configure
make
make install

poeditの使い方

poedit翻訳はgettextというフォーマットのプログラムが対象です。.poファイル(対訳を記述するファイル)を poeditで開くと、画面上半分に原文と訳が並んで表示されます。翻訳するセンテンスを選択して、下のフィールドに訳文を記入します。

potファイルが同梱されている場合は、簡単にpoファイルが作成できます。 同梱されていない場合は、プログラムソースから__(_e(を探し出す必要があります。

翻訳するテキストが記述されているソース部分にジャンプするように設定できます。 例えばテキストエディタにGVimを使う場合は、「設定」「編集」「外部エディタ」のところに、gvim +%l %sと記入します。%sはファイル名、%lは行数です。

翻訳が完了したら、moファイルを作成します。毎回の作業終了時にmoファイルを自動生成することもできます。

※管理者はLinux版を使用しています。他のOSでは上記と完全に同一とは限りませんのでご注意ください。

Copyright (C) 2007-2010. 実務翻訳者への道All rights reserved.